電話応対の基本~保留の使い方~

2021-06-05

こんばんは、ちぃです🐱

 

今回は意外とルールがあった!?😲
『保留』の使い方です🥺

 

 

 

 

まずは

 

 

席が隣の方でも使いましょう🙌

あとは、回答に時間がかかる時、転送する時に使います!

相手にこちらの声が聞こえては失礼ですからね💦

 

 

 

実は『保留』にも使う秒数は決まってます!
厳密には“決まっている"というより、“マナー"に近い感じですかね🤔

 

 

なぜ、"30秒"なの?
“2回"と決まっているの?というと、、

 

 

 

上の画像の通り、通話は“人と人"になるので『相手が目の前にいる状態で待つ30秒』と
目の前に"人がいない状態"で30秒待つ』のでは
体感時間が全然違うんです😎

 

もちろん、個人差があり待てる方と待てない方もいるので、
その大体の間が30秒ぐらいにもなってるそうです🤔

 

むしろ、30秒も長い!20秒だ!
という企業さんも中にはいらっしゃいます😉
もし、そう言われたら20秒にしましょう😊

 

保留時間が決まっていない企業の方は、これぐらいの時間を目安にしてみてください😌

 

 

 

 

《保留をする前の注意です》

 

自分が電話をしていて、いきなり保留にされたら『え?え?』ってびっくりしますよね😲
なので、保留に入る前には一言添えましょう!

 

 

 

保留中にもし、

 

 

あと○分としていますが、いくらこっちが保留の間に頑張って調べたりしていても、

相手の方からの電話だと“通話料"がかかっています!

 

なので、1分以上待たせたor待たせる事がわかっていれば、
折り返しの方を提案しましょう🙆‍♀️◎

 

それでも、相手の方が『待ちます』と言われたら、そのまま保留でも大丈夫です◎

 

その場合は、また1分か1分半ぐらいで

『このまま待つこともできますが、どう致しましょうか?

(orまだ、かかりそうですが、いかが致しましょうか?)』

と確認をとってあげましょう!

 

相手の都合もありますし、待っている間に相手の状況も変わるかもしれません。

 

 

 

(すいません、画像がインスタ仕様になってます💦)

 

 

保留も相手の都合に合わせて、相手に状況を提案してあげると、

きちんと自分の事を考えてくれている!

とクレームにもなりにくくなります🙆‍♀️◎

 

 

ひとつづつでいいので、覚えていくと確実に変わっていきます🙆‍♀️◎

一緒に頑張っていきましょう🙌✨

 

 

▼前回の接客業はこちら

▼他の接客業を見るにはこちら